有能なおじさん と ぶつけちゃった女性

おはこんばん・・・・・・・・・・・・・ちわ。わ〜さんです。

夕方、娘を迎えに行く途中、急激な便意に襲われたわしは、ちょうど近くを車で走ってたので、某有名家電店でおトイレを借りました。

・・・・・・

スッキリして駐車場に戻り、車に乗り込むと、隣の隣に駐車していた車からサラリーマン風のおじさんが出てきて、
「あなたのクルマ、当て逃げされましたよ。」
と、教えてくれた。

 

どうやら、わしの車の前に停まっていた車が、間違ってバックしてしまい、わしの車のフロントにぶつかったらしい。
とは言っても、曲がっていたのはナンバープレートのみで、ぶつかったというよりはジンワリめりこんだ感じでした。

そのおじさんに言われるまで全く気がつかなかった程度だったのです。

 

それでも結構な音がしたらしく、そのおじさんは目撃していたのです。
さらに、その相手の車の写真までスマホで撮っていました。

なんて有能なおじさん!きっと仕事もデキる人なのだろう。

その写真にはナンバーもバッチリ映っており
「あとはアナタ次第です」的なコトバを残して颯爽と去っていきました。

ありがとう、有能なおじさん!きっと仕事もデキる人なのだろう。

 

その写真をありがたく受け取ったわしは、その程度とはいえ、黙って立ち去るのは許せぬ。と、保険屋と警察に電話をしようとしていました。

 

まさにそのとき、犯人が戻ってきたのです。

わしのカーチャンくらい?もちょっと下?かな?な
善良そうな感じの女性でした。

 

「ごめんなさい。あなたの車にぶつけてしまいました。(ドライバーを)探しても見当たらなかったので、先に急ぎの届け物を届けてきました。」旨、話していました。

 

やさしいわたしはナンバーがちょっと曲がっただけだし。。。
別にいいかなとも思いましたが、
(もし、ヤカラ的な奴だったら許さなかったよw)
一応警察に報告は必要だということで、そのへんはちゃあんとやっときました。

 

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA