iPhone活用体験談2:自動電話転送機能を使おう

てなわけで、引っ越した新居は賃貸の一戸建てで2階建てなのである。

広くてとても良いんだけども、一個だけ困ったのは、iPhoneを異階に置き忘れた場合だ。

たとえば1階に置きっぱなしにして2階で仕事をしているとき、下から着信音が聞こえてきて、急いで1階に降りても、惜しいところで間に合わないのだ。その逆もまた然り。

常に持ち歩けばいいのだが、外ではなく家の中で携帯に縛られるのもどうかと・・・

備え付けのコードレスホンなら1階でも2階でもすぐ取れるのになぁ・・・ならば、家にいる間はiPhoneから自宅の電話に転送しちまえよ!ってなワケです。

 

早速設定してみよう。

 

 

「設定」から「電話」を押して・・・

IMG_0002.PNG

さらに「自動電話転送」を押して・・・

IMG_0003.PNG

「自動電話転送」スイッチをオンにして、転送先を押して・・・

IMG_0004.PNG

自宅の番号をブッ込め!!

これで設定は完了。一回設定したら、あとはさっきの「自動電話転送」のスイッチをオン/オフすれば、転送の有無を切り替えられます。

これで1階で充電しっぱなしにしてて、2階で仕事してても、家電話にかかってくるので、コードレスホンの子機で電話を逃さずゲッツできますー。

いちいちスイッチをオン/オフするのがめんどくさいけどね・・・

 

 

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA