【#633】恐怖★体験

当カテゴリ「コラム・ザ・ベスト」では、2000年7月から約1400回に渡って「旧わ通」上で毎日連載された「デイリーコラム」の中で、特に反響の大きかったものを選りすぐって再掲載します。
第2回の今回は2002年4月8日に掲載された第633話「恐怖★体験」をお送りします。霊感の全くないW氏が生まれて初めて体験した恐怖体験をお楽しみください。
——————————————————–


わしは基本的に幽霊だの心霊だのを
見たことがない。
信じていないわけではないが
体験がないのでイマイチピンと
来るモンが無かったのだ。
しかし、ついにわしにも
その時が来た!

始まりは悪夢だった。
ハッキリと夢だとわかる、
脈絡のないシュールな展開の話が続き・・・
クライマックス、誰のものともわからない
死体を踏んづけてしまったシーンのあたりから
わしは半分目が覚めていた。
誰かが居る・・・
眠るわしの上に何者かの存在を感じていたわしは
夢から覚めたが、目は開けていなかった。
わしは勇気を振り絞って目を開けた・・・
オバケ
ギニャアアァァ!!
で・でたーーー!!

心臓が高鳴る!
自らの心臓の鼓動が
5.1チャンネルドルビーサラウンド並みの
迫力で聞こえる!!
こ・・・怖ぇ~・・・!
しかしわしは、だんだんムカついてきた!
霊なんぞにナメられてたまるか!!
わしはその顔に手を伸ばした・・・・・・!!
その霊の正体は・・・
正体
暑くて寝てる間に剥いでいて、
丸まったフトン
であった・・・
幽霊の
正体見たり
枯れ尾花

フッ
所詮こんなものよ。

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA