【第1684回】かくれんぼ

暑いので早く見つけて欲しいのだがみなさんこんばんわ。 黒と赤を支配するネオ・ビッグバン・プリンス (Black×Red=克之/17)、わ〜さんです。

 

最近、ゆ〜さん(娘・4歳)は「かくれんぼ」をやりたがる。

この狭い家の中でだ。

 

ゆ〜さんはいいよ。隠れる所いっぱいあるし。

問題はわし。お世辞にも細いとは言い難いわしなんかは、もうほとんど隠れる所がないのである。

 

しかし、そこは4歳の小童と、いいおっさんの頭脳の差である。

 

わしは、ゆ〜さんの捜索パターンを見切った。

 

奴は、まず部屋に入り、部屋を見回し、わしが入れそうな(実際は入れないのだが)押入れとか、カーテンとか「扉」や「覆い」のついたものはよく調べるが、一見そういうものがない台所などは、ろくに捜索もせず、他の部屋へ行ってしまうようだ。第一印象で「いない」と決めつけているんですな。

 

そこでわしは、台所の入り口からは死角となる、冷蔵庫の陰に隠れてみた。

台所の奥まで来ればモロ見えなんだが・・・

予想通り、ゆ〜さんは台所を入り口から見回し、わしが入れそうな扉や覆いが無いと判断し、奥まで入ってこない。

 

やがて家中探しても居ないので

「あれー?どこにもいないよー!どこにいるのー!?へんじしてー!」

と、ルール完全無視でわしに返事させようとしてきた。

 

「あほー、それじゃかくれんぼにならんやないかー」

と、ワザと返事してやった。

ぶっちゃけ暑かったので、早く見つけて欲しかったのだ。

 

声がする方向ということで、台所にまたやってきた。

でもやっぱり、ぱっと見ただけで「いないー」って言う始末(笑)

 

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA