【第1616回】B-CASカード行方不明事件

金田一少年ごっこみなさんこんばんわ。日記書き忘れても動じない。それが俺の流儀だ。わ〜さんです。

 

リビングのテレビのB-CASカードが抜き取られて行方不明になるという事件が発生した。

B-CASカードがないと地デジが映らない。

 

幸い、ケーブルテレビチューナーの方はカードが入っており、問題なく映るので、急を要する問題ではないのだが、地味に困るし、なんか気持ち悪い。

そもそも、構造的に自然に抜け落ちることなんて絶対にないし、誰かが意図的に抜かないとありえない事態。

 

嫁を尋問したが、ホントに知らないようだし、もちろんわしでもない。と、なると犯人はもう、ゆ〜さん(娘・4歳)以外考えられない。

重要参考人のゆ〜さんに任意でしょっぴいて、現場検証。

ゆ〜さんの手が届く位置にカードの差込口があった。

 

ゆ〜さんに自供を求めたが、本人は知らぬ存ぜぬを通すつもりだ。

 

ゆ〜さんの年齢を考えると、ホントに覚えていない可能性もあるので、もう犯人探しは諦め、行方不明のB-CASカードを探すことにした。

 

ゆ〜さんに本に挟まってないか、おもちゃ箱に紛れてないか、探し回ったが見つからず・・・

嫁の推理で、テレビ台の裏に落ちているのが発見された。

 

どうやって拾おうか・・・このテレビ台と、乗っているアイテムの総重量を考えると、容易に動かすことはできない。

そこでクイックルの柄の棒にガムテープを輪っかにしてくっつけ、その棒をテレビ台の裏に通し、ガムテにくっつけて無事に保護できました。

 

 

今回はすぐに見つかったからいいものの、もし、紛失となったら、再発行に金も手間もかかります。

お子さんのいる皆様、気をつけてください!

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA