【第1531回】灰色の街

全国的なニュースにもなっていましたが、今日は新燃岳の火山灰が宮崎市内でも降り、うっすら積もりました。

朝、玄関を開けた瞬間、


「温泉くさッ!!」と思いました。正確には「硫黄くさッ!!」なんですけども。


車にも灰がうっすら積もっていた。屋根付き車庫なんだが、灰の粒子が小さく、道路を車が通るたびに舞い上がっていたので、あまり屋根も意味が無いようだ。

シャワーホースでフロントだけでも流して出かけたが、走っているうちにやっぱり舞い上がった灰で、また汚れた。

高速も通れないみたいだし、積もった灰で車線も見えないそうなので、しばらく都城の実家には行けないのかもしれん。


街は全体的に灰色。

道路も灰色だし、空気も灰色。見上げれば空も灰色。


写真を見たが、都城はもっとすごい。

この辺のサイトを見ていただきたい。


すごい。もっと灰色。

地元の風景のはずなのに、なんか別世界。別の星のようだ。


宮崎は口蹄疫、鳥インフル、さらに今回の新燃岳。

県は今、大殺界なんだろうか。

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA