大日本人を観てきたよ

入場者に配ってたポストカード。ちなみに絵柄は本編と全く関係ない(笑)てなわけで、観てきましたよ「大日本人」。
ホントは公開直後に観たかったんだけど、いろいろ事情があって、今日になりました。
いろいろと賛否両論出ているのは知っていましたが、監督本人が意図して情報をほとんど外へ出していなかったこの映画。きっと何も知らずに観た方がいいのだろうと思って、わしもできる限り情報を遮断して観に行きました。
それが正解でした。
事前に内容を知っていたら、絶対に楽しめない映画です。
「それは他の映画も同じだろう」とあなたは言うかもしれないが、
この映画に限っては、むしろ大まかなストーリーすらも知らない方がいいかもしれない。
これから観る人はチラシや公式サイトすらも見ない方がいいかもしれない。
以降、一応ネタバレ禁止のつもりで書きますが、まだ見て無くて、これから見るつもりの人はなるべく見ないでください。


この映画が賛否両論分かれる、ということがよく分かる映画だった。
この映画は松本人志という大きな土台の上に成り立っていると言ってもいいかもしれない。
松っちゃんの今までのお笑いをよく知っている人にはとても楽しめると思う。最初は淡々として居るんだけど、良く計算されている「間」や「すかし具合」、「何気ない台詞」や「哀愁」など、彼らしさが随所に見られます。
逆に言うと(日本には居ないかもしれないが)松っちゃんを全く知らない人が観たら「なんじゃこりゃ」で終わってしまうだろう。
わしは十分に楽しめた。最後は「え?もうおわり?」って感じなんだけども、松っちゃんはきっとアレがやりたくて、そこに至るまでのすべての部分が壮大なフリというか、そこにものすごいお金と時間をかけたことに意味があるというか、そんな感じではないかと思われる。
興行的には失敗かもしれないが、わし的にはもう一度観たい。DVD出たら欲しい。

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

2件のコメント

  1. ふえるわかめちゃんあたりから笑えたのは観客の中でも私ぐらいでしたb

  2. HINAさん江>
    わしもそのあたりからやばかったっすw
    もう一回ガラス割れそうだなと思ってたら案の定割れたときも予想通りで逆に笑えたしw
    もっかいみたいわ〜

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA