ニンテンドーDS

ニンテンドーDS グラファイトブラック嫁がせっせとオークション出品で貯めた資金を元に、
ニンテンドーDSを買って帰ってきた。
ソフトはお気に入りのワリオシリーズ、
さわるメイド・イン・ワリオ」を同時に購入したようだ。
わしは以前から気になっていた「メテオス」を自腹で買って、遊ばせてもらうことにした。
なんか、小学生の頃、ソフトだけ買って、友達の家のファミコンで遊ぶなんて奴がいたが、そいつの気持ちが今頃になってわかった。
さっそく開けてみる。おぉ、こいつはスゲェ!わしにも触らせれ~!


ニンドスの起動画面ニンテンドーDS(以下、ニンドス)は2画面の仕様からか、ゲームボーイアドバンスSPに比べると、ちょっと重かった。起動してみると、上画面にロゴ、下画面に注意書が出た。画面1枚1枚は広くはないが、2画面が縦に並んでいるので、立てに長ーい画面のような感じだ。上画面の左右にステレオスピーカーが配置されているので、かなり音は良い。

ニンドス閉じた形態。PDAみたいで子供子供してなくて、なかなかオサレだ。
ゲーム中にパタンと閉じると自動でレジューム状態になる。これは便利。閉じた形態のたたずまいはまるでPDAのようでなかなかイカス。ゲームボーイアドバンスSPの時もそうだったが、子供向けと言うよりは大人のユーザーを意識したデザインになっているのか。

ニンドスソフトはこんなに小さい! 任天堂携帯ゲームROMの歴史はダウンサイジングの歴史。
そしていちばん驚いたのは「ソフトの小ささ」である。ゲームボーイからゲームボーイアドバンスの時も同じオドロキがあったが、ハードが進化する毎に、ソフトはどんどん小さくなっているのだ。手に持ってみると、まるでSDカードをひとまわり大きくしたような感じで、下手したらポロッと落としてなくしてしまいそうだ。取り扱いには注意したい。
タッチペンで遊ぶゲームは感覚的に操作ができる。
「ワリオ」も「メテオス」も、タッチペンを使った感覚的にダイレクトな操作ができ、今までのゲームにない、新しい遊び方っていう感じがする。「画面内のオブジェクトを直接触っている」ような感覚的なインターフェイス・・・こういうのは結構大切な進化の方向性だと思う。
まだ体験していないのは内蔵無線LANを使った対戦だが、さすがにもう一台買う余裕はない。わしも協力して、またオークションにいろいろ出品し、お金を貯めようと思う。

作成者: わ〜さん

宮崎でwebを作っているフリーランスというか、SOHOというか、自由業? 主にホームページを作る仕事をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA