‘任天堂’ タグのついている投稿

磁石でビビビッとね
2017年3月29日 水曜日

何も足さない。何も引かない。わ〜さんです。

今日は娘、息子そろって小児科でした。

わしは仕事が忙しかったので、おじいちゃんとおばあちゃんにお手伝いをお願いしました。

息子は来週から保育園ですので、早く治ってほしいです。

 

ゼルダ。

祠の謎解きが楽しいです。

パズルだったり、アクションだったり。

その中でも特に好きなのは、鉄製のものを磁石的な力で動かすやつが好きです。

うまいこと足場にしたり。電器を通すための接点にしたり。

祠のパズルだけではなく、フィールドでも鉄製のものがあれば、ひとまず磁石でビビビッとやります。

鉄製のもの動かすだけで楽しいよー。

ぶつけて敵にダメージを与えたりもできるんだぜー。

ビビビ

みんクエ1&2もちゃんとつくってるよ。

3D酔いしにくいモード
2017年3月21日 火曜日

ダッダーン!ボヨヨンボヨヨン。わ〜さんです。

ゼルダは携帯モード(switch画面にjoy-conくっつけて手に持って遊ぶモード)で遊んでます。

もちろんテレビに繋いでもやってみましたが、でかい画面だと「3D酔い」になりやすいのよ、アタシ。

老眼が進んできたのでメガネ外して手元で遊ぶのが一番酔いにくいです。アタシの場合。

3Dじゃないぷよぷよテトリス(体験版)とかは、でかい画面でも大丈夫。

ゼルダたのしい
2017年3月20日 月曜日

雨でしたねー。わ〜さんです。

ゼルダ。おもしろいです。

まずリンクを「動かしていて楽しい」。これゲームにおいて最も重要とおもってます。

程よい放り出され感。クッソ広いマップ。探索する楽しみがめっちゃある。

食材集めて料理して食って回復。敵が落とした武器や盾をひろって使う。サバイバル感。

メインストーリーはあるけども、この世界を走り回り尽くしていろんな風景を見てみたいという感情が勝る。

攻略本や攻略サイトは絶対見ちゃダメだと思った。

いやー。こういうゲーム久しぶりです。やってよかったー。

たかいとここわい

超高い塔や、絶壁をよじ登るシチュエーションが結構あるので、ちょい高所恐怖症なのでコワイです〜。

 

New スーパーマリオブラザーズ Wii
2009年12月15日 火曜日

いかにもな場所でおなじみの無限1UPてなわけで、「NEW スーパーマリオブラザーズ Wii」を買いましたー。

おもに一人でやってるんですが、たまに嫁や娘と同時プレイもやってます。

上手い人とやるとエレガントな協力プレイが出来そうなんですけど、アクションの苦手な嫁や、ましてや2歳10ヶ月のゆ〜さんでは、初代マリオブラザーズのような殺し合いになっちゃうのはご愛敬でしょうか。

さすがにゆ〜さんにはまだ早すぎるので高橋名人の6倍厳しく、ゲームは1日10分なんですけどね。ゆ〜さんが寝静まった夜にやってます。

この投稿の続きを読む »

DSが修理から帰ってきた
2009年12月10日 木曜日

DSちゃんてなわけで、修理に出していたDSが帰ってきました。

送ったときと同じハコで、修理代金は代引きの形で払うシステムです。

代金はRボタン分の2000円でした。充電しにくい(接触が悪い)件は、修理窓口側で再現しなかったと言うことでしたが、本体自体が新品となって帰ってきました。(シリアル番号も新しくなっていた)

2000円で新品交換ということなら、なんか得した気分というかなんというか。

Rボタンももちろん、充電しにくい件も解決。わ〜い。

DSを修理に出しました
2009年12月1日 火曜日

こんなさりげないところに任天堂らしさがてなわけで、充電しにくくなった(+Rボタンが効きにくくなった)DSを、本日修理に送り出しました。

数日前、web上のフォームで修理依頼を出したんですが、そのときに依頼していた無料の修理品発送キットが先日郵送されてきました。

これに包んでゆうパックで送り返して下さいとのこと。

このキットが無料のわりには良くできているというか、随所に任天堂らしさがあって、感心したので詳しくレポートしてみようと思います。

この投稿の続きを読む »

DSが充電しにくくなった
2009年11月28日 土曜日

写真は本文と関係ありませんが、わしの自慢の宝物、GWのドンキーコング

てなわけで、ウチのDSの調子が悪いのです。

いや、正確に言うと、本体の動作には全く問題はないんですが・・・

充電がしにくいのです。

ACアダプタのコネクターの接触が悪く、充電できたり出来なかったり、したつもりでも出来てなかったり。

ぐっと押さえつけないと充電ランプが点かなかったり・・・

他社アダプタでも同じ症状なので、接触が悪いのは本体のコネクタ側だと思われます。

この投稿の続きを読む »